中国スマホ(中華スマホ)

中国スマホ(中華スマホ)

スマートフォンはiPhoneやGalaxy、Experiaだけではありません。
これまでも安価なスマホとして、世界でそれなりのマーケットシェアを獲得していた中国製のスマートフォン。
日本ではここ数年、特にガジェットギークたちの間では非常に大きなトピックとなっていました。
非常にリーズナブルな価格設定ながらも高いスペックを誇るモデルが多いことがその理由です。
世界のスマホシェアで上位に食い込んでいる巨大メーカーも既に数社を数え、さらに雨後のタケノコのように、
後発メーカーが世界のマーケットを視野にしのぎを削っています。

 

中華スマホ(中国スマホ)とは


「中華スマホ」とは、そのものズバリ、中華人民共和国の会社が製造するスマートフォンのことです。
「中国スマホ」や「チャイナスマホ」などと呼ばれることもあります。
Huawei(ファーウェイ)、 ZTE(ゼットティーイー)、 Xiaomi(シャオミ)といったメーカーが「中華スマホ」の代表格です。
以前は「安価」であることだけが購入の理由となっていた中国メーカーのスマートフォンですが、現在はひじょうにバラエティーが豊富。
日本では性能や堅牢性だけではなく、デザインを重視する消費者も多く、中国製品のイメージはあまり良いものではありませんでした。
しかし、近年では日本の通信規格にマッチしたモデルや、ハイスペックで安価なモデルが続々と登場。
日本のマーケットでもガジェットギークを中心に「リーズナブルなセカンドフォンとして」、
また「海外旅行や出張用のスマホ」として中国のスマホに注目する人たちが増えてきました。
世界市場においても「安かろう、悪かろう」のイメージがあった中国製品ですが、その印象も変わり、
グローバルなスマートフォンメーカーとしての立場を既に確立したと言ってもいいでしょう。
日本マーケットに食い込み、一定の成果を上げているメーカーも登場していることがその証です。
 

中華スマホの特徴


コストパフォーマンスがすばらしい
中国製スマートフォンの最大の特徴は「コスパ最高」なことでしょう。
中華スマホのハイエンド機種は、iPhoneやSony、Samsungなどのメジャーメーカーが送り出すハイエンド機種と同等のスペックを備えながら、
値段は大きくそれらを下回るモデルばかりです。
このコスパの良さが実現できる背景には、スマホ製造に使用する材料や部品の大量調達があります。
世界最大の人口を抱える中国という巨大市場がこれを可能にしています。
また、中国にはスマホ関連部品工場が多くあることがコストの削減につながり、それがメジャーメーカー製品との価格差に現れていると言えるでしょう。
中国はスマホ開発に適した立地なのです。
 
デュアルSIMは当たり前、トリプルSIMも
これは中華スマホだけが備えているものではありませんが、中華スマホは登場当初から複数のSIMカードを入れることのできる端末を販売していました。
現在は2枚のSIMカードで同時待ち受けの可能なデュアルSIMは当たり前。3枚のSIMで同時に待ち受けが可能なトリプルSIMの機種も登場してきています。

 
中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入

xiaomi(スマホ・タブレット)